丸岡城

丸岡城まるおかじょう
福井県坂井市丸岡町霞町1丁目
Mapion

--天守閣--
別名 霞ヶ城
交通 JR北陸本線「丸岡駅」からバス「本丸岡」下車。
バス停から徒歩10分。
築城年代 1576年(天正4)
築城者 柴田勝豊
形式 平山城
主な城主 本多氏・有馬氏
1575年(天正3)越前一向一揆を平定した織田信長は、柴田勝家に越前49万石を与えた。勝家は北ノ庄城を築城すると、甥である勝豊を豊原寺に派遣し、北ノ庄城の支城として治めさせる。しかし地理的・軍事的な事からこの丸岡に移り、新たに築城を開始した。これが現在の丸岡城とされる。
1582年(天正10)勝豊が近江国長浜城へ移った後、安井氏・青山氏・今村氏らが一時居城し、その後本多成重が入城し、丸岡藩が成立すると以後4代本多氏が続いた。
1695年(元禄8)本多氏が御家騒動から領地没収となると、代わって有馬清純が入城し、以後明治まで有馬氏が8代続く事となる。
周囲の堀は埋め立てられ、また城門・武家屋敷等の建物は譲渡・売却となり、現在は本丸付近の石垣が残るだけだが、現存天守最古といわれる天守閣は一見の価値がある。
本丸から北側
堀はすべて埋め立てられた
丸岡城八幡社 人柱お静の碑
天守閣 天守閣 天守下に置かれている石製鯱
天守台石垣 天守閣内 天守閣内
天守閣内 天守閣から南西 天守閣から北西
井戸 外掘跡である田島川 黒丸岡口門跡

参考文献 「現地案内板」
                        「京都・滋賀・福井の城郭 新人物往来社」
訪城回数 1
2013年8月